老後の備え十分ですか?
1.老後に関する意識
金融広報中央委員会の平成26年調査によると、8割以上の人が老後の暮らしを心配しています。
「貯蓄」や「年金・保険」が十分でないことが心配の大きな理由となっています。
■老後の生活に対する意識
グラフ
・「非常に心配である」と「多少心配である」を合わせると、「老後の生活が心配である」が82.7%となっています。
■老後の生活を心配する理由
グラフ

・7割の方が「十分な金融資産がない」「年金や保険が十分でない」と感じています。

2.老後保障に対する充足感
では、老後保障に対する充足感はどうでしょうか?
生命保険文化センターの平成25年度調査によると、男女ともに7割以上の方が「充足感なし」と感じています。
■老後保障に対する充足感
グラフ
・男女ともに7割以上の方が「まったく足りない」「どちらかといえば足りない」と回答しています。
3.公的年金だけに頼れなくなる現実
現在の日本では、少子化が進む一方で、医療技術の発達から急激な高齢化が進んでいます。
このペースで少子高齢化が進むと、2020年には2人の成人で1人の高齢者を支える社会となります。
■年齢3区分別将来推計人口:1970年〜2040年
  人  口(千人) 人口割合(%) 平均年齢(歳)
総数 0〜14歳 15〜64歳 65歳以上 0〜14歳 15〜64歳 65歳以上
昭和45 (1970)年 104,665 25,153 72,119 7,393 24.0 68.9 7.0 31.5
55 (1980) 117,060 27,507 78,835 10,647 23.5 67.4 9.1 33.9
平成2(1990)年 123,611 22,486 85,904 14,895 18.2 69.7 12.1 37.6
12 (2000) 126,926 18,472 86,220 22,005 14.6 68.1 17.4 41.4
17 (2005) 127,768 17,521 84,092 25,672 13.8 66.1 20.2 43.3
22(2010) 128,057 16,803 81,032 29,246 13.1 63.8 23.0 45.0
将来推計人口
平成32 (2020)年 124,100 14,568 73,408 36,124 11.7 59.2 29.1 48.0
42 (2030) 116,618 12,039 67,730 36,849 10.3 58.1 31.6 50.4
57 (2045) 102,211 10,116 53,531 38,564 9.8 52.3 37.7 52.8

出典:総務省「日本の統計2013」「年齢構成指数、平均年齢及び年齢中位数の推移」
・少子化の進展により14歳以下の割合が24.0%(1970年時点)から9.8%(2045年時点推計)に低下、 一方、高齢化の進展により65歳以上の割合が7.0%(1970年時点)から37.7%(2045年時点推計)に上昇することが見込まれています。
4.老後の生活費
公的年金だけで十分な老後の生活費をまかなえるでしょうか?
多数の方が難しいと回答しています。
■年金に対する考え方
グラフ
・「ゆとりはないが、日常生活費程度はまかなえる」と回答した方が48.7%、「日常生活費程度もまかなうのが難しい」と回答した方が45.8%です。
ゆとりある老後生活のためには自助努力が必要です。
今のうちから全電線年金共済「ハピネス」で老後の生活費を準備しましょう!