アクセス メール リンク集
サイトマップ 個人情報保護方針
ホーム 全電線とは 組織体制 ニュース 活動紹介 電線ネット
ニュース
第197回 中央委員会

2018年1月30日(火)13時より、全電線 関西支部会館において第197回中央委員会が開催されました。
来賓として、中連懇話会を代表し、電機連合 中央副執行委員長の中澤様、全電線協力議員である、参議院議員 石上様、にお越しいただき、激励の挨拶を頂戴しました。

主な議事について、
報告・承認事項として、一般経過報告、2017年度中間決算報告ならびに会計監査報告、第25回参議院議員選挙への対応などが確認されました。

続いて審議事項においては、2018年春季闘争方針(案)が執行部より提起され、大手単組より、電線業界をとりまく状況は、先行き不透明感はあるものの「雇用の維持・確保」「賃金」「年間一時金」「退職金引き上げ」「ワーク・ライフ・バランスの実現」「60歳以降の雇用確保」などの各項目について、「労働者の雇用の安定と生活不安・将来不安払拭」を基本に、「先を見据えた豊かさと生活の安心・安定をめざす」ための『総合生活改善闘争』として、全電線加盟単組が統一して要求を行い、統一的な交渉を展開するための団結を図り、相乗効果を求めるとともに、魅力ある産業につなげていく、などの補強意見をいただくなか、全会一致で2018年春季闘争方針(案)が承認決定されました。


△このページのTOPへ戻る